第19回 日本アロマセラピー学会 学術総会

演題募集

演題募集を締切りました。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
演題募集締切:6月10日(金) 7月15日(金) 7月18日(月)

発表資格

  • 発表者の方は必ず事前登録をお願いします。事前登録は5月上旬から開始予定です。
  • 演者および共同演者は日本アロマセラピー学会会員であることが必要です。
  • 未加入の方は事前に本部事務局にて入会手続きをお願いします。

    入会手続きはこちら

演題抄録は、見本を参考に作成して下さい。

抄録見本に従い抄録を作成いただき、下記フォームから投稿をして下さい。

演題募集を締切りました。

投稿はこちらから

抄録作成要領

第19回アロマセラピー学会学術総会での一般演題は

  • アロマセラピーに関する全ての基礎研究
  • 治療・看護などにおける臨床的な効果を検討した研究
  • 漢方やサプリメントをはじめとした各種療法との併用についての研究
  • 未病からの健康への回復や予防医学へのアプローチに関する研究
  • 脳神経に対する精油を用いたアプローチについての研究
  • 少数例の報告を含む、興味深い症例報告
  • その他、アロマセラピーに関わる研究報告および症例報告

医師、看護師、研究者に限らず、鍼灸、理学療法士、作業療法士の方々から広く発表を募集します。
発表者、共同演者は会員に限ります。抄録には会員外協力者としての人名記載は不要です。
また、発表者が医療資格を有する方は、所属とその職種(医師、看護師など)を、研究者会員の方は所属名を必ず記載して下さい。特に大学院学生などの身分で発表される方は、厳密にいえば学生会員となります。この場合は所属長(教授)の許可を要します。
演題要旨は、「目的」「材料(対象)・方法」「結果」「考察」に分けて記載して下さい。
抄録作成時での精油に関わる部分については以下の点にご留意下さい。

抄録作成時には、以下の点にご留意ください。

  • 精油名については、初出は学名も記載してください。学名は斜体文字で記載します。また使用精油については入手先(製造または販売会社名)も併記してください。
    :真正ラベンダー(Lavandula angustifolia;●●株式会社)
  • アロマセラピーにおける「マッサージ」という言葉は使用せず、「トリートメント」または単に「施術」と言い換えてください。
    :×=アロママッサージ、○=アロマトリートメント または 精油使用施術
  • 「アロマを」、「アロマを使用して」などの表現は、精油のことなのか。芳香療法のことなのか、演者の意図が分かりづらいので使用は不適切です。
  • 精油使用量の記載で滴数による表示は不適切です。μl(ml)またはvol%表示してください。
    :×=10滴、○=500μl または 0.5ml
  • 精油を芳香浴や施術など、どのような方法で実施あるいは介入させたのか、また投与の時間、精油の投与量や希釈濃度も必ずご記入下さい。
  • 施術やアンケート結果の報告では、例数・対象の背景を記載してください。また結果解析においては適切な統計処理が施されることが望まれます。
  • 精油を実験としてヒトや動物に使用する場合は、各施設の倫理委員会の承認を得て被験者の同意を得ることが必要です。また承認、同意について抄録に記載してください。
  • 発表者の所属は単純簡潔明瞭に記します。名詞のように肩書きを羅列することは不適切です。
  • 単純なワープロ変換ミスにも注意してください。
    :×=真性ラベンダー製油を可能そうに私用 → ○=真正ラベンダー精油を化膿創に使用

抄録作成上のその他の注意点

  • 抄録原稿作成例に従いA4販の用紙(1枚以内)にて作成して下さい。
  • 演題名は12ポイント、他は10.5ポイント文字で作成して下さい。
  • マージンは、上40mm、下40mm、右30mm、左30mmで設定して下さい。
  • 演題名、演者名(共開演者名含む)、所属機関(略称)、講演要旨を明記し発表者名を先頭に○印を付けて下さい。
  • 演題名と演者名(共開演著名含む)の間、および所属機関と講演要旨の間は1行空けて下さい。
  • 画像および写真の使用はできません。

採否通知

一般演題の採用・不採用は8月第1週頃にE-mailによりご通知致します。
演題数や内容等によりご希望に添えない場合がございますので、採否につきましては、会長にご一任下さい。

一般演題の形式は口頭発表、ポスター発表のいずれかとなります。
発表形式については、採否通知の際にお知らせいたします。

その他(注意事項)

  • 演題登録票には会員番号の記入が必要です。
    なお、演題申し込み時に非会員の場合は、会員番号の記入欄に「会員申請中」とご記入いただきますが、早めにご入会手続きをお願いいたします。
  • 編集委員会で抄録内容、講演発表が優れていると判断した場合は、学会選定論文として論文執筆作成をお願いすることがございます。

ページの先頭へ