第19回 日本アロマセラピー学会 学術総会

日程表・プログラム

第19回日本アロマセラピー学会学術総会公開講座
青いバラ・紫のバラを語る ―色と香りに魅せられて―

バラと人間の関係は古代からつづいている。ギリシャの詩人ホメロスも歴史家のヘロドトスもバラを語り、現代でも、たとえば世界的ベストセラー『星の王子様』(サン・テグジュペリ)ではバラが王子の心象を映す鏡として描かれる。日本アロマセラピー学会の今回の公開講座では、ともに大きな注目をあつめている「青いバラ」と「紫のバラ」を話題に、発信者であるおふたりをお迎えし、「人はバラになにを求めるのか」を語り合っていただきます。

【パネリスト】

田中 隆治 星薬科大学学長、元サントリー基礎研究所長、青いバラの開発者)
美内 すずえ 漫画家、大ベストセラーの主著「ガラスの仮面」には紫のバラが登場する

座長:
志茂田 典子 第19回日本アロマセラピー学会学術総会 総会長(日本鍼灸神経科学会会長)
日時:
2016年11月6日(日)13時30分~15時
会場:
星薬科大学 メインホール
定員:
1,200名
入場料:
無料(どなたでも聴講できます。予約不要)

ページの先頭へ